読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

これ僕メルマガ-解釈の時代シリーズ

解釈の時代だからこそ、正しさに依存せず自分の望む世界観を語ろうか。

今は解釈の時代だ!と主張してからここ数回、僕たちの生きる社会の傾向についての記事を書いてきました。一応、今回で一区切りにしようかと思っています。読んでくださった方には、小難しい話に付き合ってもらってありがとうございます^^; ここまでの振り返…

評価と信頼を確立することが、僕らに自由と生きる糧をもたらす。

ここまでに述べてきたように、様々な解釈が世の中に溢れるようになったのは、やはりインターネットの普及がかなり影響しています。 多くの人が自分の考えを発信できるようになったし、検索エンジンやFacebookをはじめとするソーシャルネットワークによって、…

人類史上、最もコンテンツが溢れている時代を生きるということ。

僕たちは「解釈過多」のパラダイムの中で生きています(詳しくは前回を参照)。そんな僕たちの社会の傾向を知るために、「僕たちの時代では何が豊富で、何が不足しているのか」を探っていきましょう。 色々な意見はあるかと思いますが、僕は次のように考えて…

僕たちはこの「解釈の時代」にどのように辿り着いたのか

前回、僕たちは解釈過多の時代に生きていると書きました。引き続き、解釈過多の時代におけるメリット、デメリットを考察してみようと思います。

真実が見えない「解釈の時代」を生きる僕たちは、生き方を選択する難しさに直面する。

世の中には何が正しいのか、よく分からないことがたくさんあります。 世間を騒がすような事件が起きて、その真実を調べようと思ってもなかなか正しい答えに辿り着けません。なぜなら、必ずと言っていいほど対極の情報が存在しているし、どちらも相応に説得力…