これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

ネットのこちら側でWeb2.0

個人の無線LANに相乗り、「FON」が日本で本格展開へ

自分のリソースを不特定多数に開放することで、不特定多数から利益を享受することに繋げる。それがWeb2.0的な考え方であるとすれば、FONはネットのこちら側で起こらんとするWeb2.0的な動きであるように思う。これの意味するところは、例えネットのこちら側であったとしても、それにかかるコストを極端に小さくすることができれば、不特定多数無限大を利用したビジネスが展開可能ということじゃないだろうか。とはいっても、ネットのあちら側に比べればコストはかかるので、普及するにしても時間はかかるのだろうけど。あと、こちら側のリソースを開放することに対する、心理的ハードルもネットのあちら側より高そう。