これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

「へんな会社」のつくり方

「へんな会社」のつくり方 (NT2X)

「へんな会社」のつくり方 (NT2X)

はてなの社長・近藤さんの本。いや、おもしろかった。と同時に色々突き刺さってくるなぁ。特に最後の方に書いてあったところが・・・。

やりたいことを我慢して、自分の気持ちを抑えながら、ペースを調整して歩いている人が多い気がします。行きたい方向に向かって全力で走ってます、みたいなすがすがしい感想を抱くことはあまりありません。
満員電車や大量の人にまみれて信号を待ったりしているうちに、人生はそうやって辛抱するものだ、というような方法論を身につけている人が一杯いるような気がします。

(中略)

何かが楽しくないからといって、それを人のせいにするのは絶対にやめましょう。自分がもっと楽しくする努力を怠っているだけのことです。本当にやる気になれば、きっと自分でも物事を変えられるはずです。少なくとも確かなことは、何かを試してみなければ決して変わることはないということです。
どうすればもっと良くなるかを考える。良いと思ったら試してみる。

実践してきた人の言葉は説得力がある。力がある。そこにその人にとっての真実があるからだろうか。勇気を貰いました。やるっきゃねー!