これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

考具

考具 ―考えるための道具、持っていますか?

考具 ―考えるための道具、持っていますか?

かなり前に読んだ本。考えるためのツールがいっぱい詰まってます。ただ、この本にはツールそのものよりも、とても重要なことが書いてあった。

ここまでこの本を読み進めてくれたあなたにとっての最大の問題は、「読んで、分かって、やらないこと」。
(略)・・・「成功するためのノウハウは既に明らかになっているのに、実際に行動に移す人は1%しかいない。だから成功するのは簡単なんだ」・・・(略)・・・ちょっと挑発的な言い方をすると、この本を読み終えて何もしない人が99%いる、ってことです。

本を読んだらとにかく実践しよう、と強く意識したのを覚えています。以来、習慣化することができた考具って何かな、と振り返ってみると・・・。

習慣化してる考具
  • メモ帳とペン

なるべく持ち歩くようにしてます。これがないと始まらない。

何だか「もやっ」としてるなぁ、という時に良く使います。割とアバウトに初めて、発想をガンガン拡げていけるので便利。あと、セミナーなんか行ったときに内容をメモったりとか、プロジェクトの「ふりかえりミーティング」で使ったりするのもGood。マインドマップはPC上で使えるツールもあるけど、個人的には紙に手で書く方が好きかな。手書きの方が「表現の自由さ」と「紙面の広さによる制約」で、うまい具合にバランスとれてる感じがします。

  • マンダラート

テーマはカチッと決まってて、それに関連するアイデアを出したいときに使ってます。9個のマスの真ん中にテーマを書いて、その周りにアイデアを書いていくわけですが、何が何でも全てのマスを埋める!の意識付けがいいですね。出てきたアイデアを再び真ん中のマスに据えて、更にブレークダウンしていけるのもいい。

  • ちょいメモ

頭に浮かんだことは、なるべくアウトプットしておく。紙の切れ端とかにチョロチョロって一言書いたりしてます。例え打合せ中だろうとも。ヽ(´ー`)ノ

  • 5Why

トヨタのやつですね。何処に本質があるのか見極めたいときに使ってます。

  • ビジュアライズ

とにかく視覚化。アイデアでも、提案でも、問題でも、システム要件でも、絵としてみれるように表現します。頭にイメージを膨らませるには、言葉オンリーよりも「言葉+絵」。

  • JoelのスケジュールとGTD

以前に書いたやつ。TODOの管理に使用中。

今後使ってみたい考具
  • お仕事マジカ

ユーザーの業務分析というよりは、自分 or プロジェクトチームの仕事の棚卸をやってみたい。

  • XP本のKentBeckが使ってるやつ(?)

The Stress Cycleだったかな?ある要素が別の要素にプラス(マイナス)に影響していて、こうサイクルしてるんだよ〜ってのを絵にしてます。

  • オズボーンのチェックリスト

アイデアに詰まったとき、視点を無理やり変えてみるために。

  • アイデアスケッチ

拡げる系の考具は楽しそう。

(追記)
スケッチ派なUMLも考具と言っていいな、そういえば。