これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

Seasar Conference 2006 Springの感想

「S-3 企業システム進化論」と「D-4 EJB3時代のERDレッスン」が良かった。
楽しかったです。

企業システム進化論

企業システム進化論では、S2AxisS2JMSS2Buriと色んなプロダクトが出てきて、へぇボタン(古っ・・・)を何度も頭の中で押してました。
Seasarファミリーって、こんなに充実してたのか、と。
でも、そんなことより感じたのは、レイヤ分割の一番下(基本ロジック層)にあるPOJOの重要さでしょうか。
んで、POJOによって実現されるビジネスロジックが、ステートレスであることの重要さ。

POJOであることで、ビジネスロジックが周辺から利用されやすくなる。
フレームワークを使うんじゃなくて、フレームワークから使われる存在になる。
この辺の依存関係を逆転させる考え方が重要なのだと、改めて感じました。
更にPOJOで実現されたビジネスロジックが、ステートレスであることによって、そのビジネスロジックを様々な用途に利用することができるようになる。
例えば、WebService化してネットワークの向こうへ公開するとか。制約がないわけじゃないけど、随分やりやすくなるはず。

POJO + ステートレス + JUnit = ソフトウェア資産

Seasarファミリーのプロダクト云々よりも、これが根底にあることがとても大切なのだと感じました。

ERDレッスン

ERDレッスンは、もう、すごいの一言。
このセッションだけでも、参加した甲斐がありました。
あー、こりゃきたな。やるしかねー。って感じですよ。
帰りの電車では、「ABDちっくなモデリングをやって、んでEJB3でああやって」とかずーっと考えてました。
いまはその妄想をモデルに落としてみたり、実装してみたりと試行錯誤してます。

しかし、はぶさんのプレゼンはアツイ。
ぐいぐい惹き込まれました。

その他
  • 机が欲しかった
  • 見たいセッションが重なって悲しかった
  • Kuina楽しみ
  • 11月も参加するぞ!