これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

オブジェクト倶楽部 夏イベントの感想(1) 基調講演

豆蔵の羽生田栄一氏の基調講演「エンジニアと守破離:ソフトウェアの弁証法」。
正直、ちょっと私には難しかった。。。
が、殴り書きしたマインドマップからレポートを試みる。

守破離と弁証法

まず、「守破離」について説明。
守: 師匠の教えを守る。型を守る。
破: 他の流派に教えを請う。
離: 自分なりの新たな流派を生み出す。
で、これが「弁証法」に似ていると説明。
弁証法の場合は、
正: 最初の理論を提示
反: 反例や例外、欠陥を示す
含: 正反両者を理解できる高次の理論へ
だったかな?
このサイクルを何度も繰り返しながら前進するのだ、と。
そのベースになるのは、
「自分の主張が100%正しいということはない」
という姿勢で、これが発展していくための前提だ、と。
なるほど。

ローマ字で守破離

守破離をローマ字を例に説明。
ローマ字には「ヘボン式」と「訓令式」がある。
会場の人のほとんどは、ヘボン式を使っているらしい。
私もヘボン式
欧米人からみて発音しやすいとか、
カッコイイといった理由があるとか?
で、このヘボン式を使ってる状態が「守」。
じゃぁ、訓令式について学んでみようか、ってのが「破」。
訓令式は、日本人の発音を意識して作られたローマ字。
つまり、ちゃんと五十音に対応するのは実は訓令式である、と。
で、さらに音声学と音韻学といった観点から、
文字の生い立ちを説明するという「離」へ発展していきました。

オブジェクト指向守破離

今度はオブジェクト指向守破離
まずは「守」。
オブジェクト指向とは何だろう?

  • oid: 様々なオブジェクトが存在し、それぞれが識別可能である
  • Status: それぞれのオブジェクトが状態を持っている
  • Responsibility: それぞれのオブジェクトが責務を持っている
  • Collaboration: オブジェクト同士が協調する

で、「破」。
他流派に学ぶということでデータ指向をみる。
データ指向は
「APPワールド」→「データワールド」
な世界。
一方はオブジェクト指向
「APPビュー」→「モデル」←「インテグレーションビュー」
な世界。
データ指向は複数の組織に跨ったエンタープライズ的なシステムを構築する場合に有利。
一方、オブジェクト指向は1つの業務を表現しやすい。
で、「離」となっていくはずなんですが・・・。
・・・。
すんません、話についていけませんでした。orz
社会がオブジェクト指向化してきたとか、
システムをオブジェクト達のつくる社会として捉えるとか
仰ってたような気がするんですが、
いまいちピンときませんでした。orz

ソフトウェア工学守破離

「守」。
ソフトウェア工学は次の4つを意識してるんだよ、と。

  • People
  • Process
  • Project
  • Product

で、「破」。
問題解決の方法論として、こんなのがあるよ、と。

  • 分割して解決
  • 名前をつけて解決
  • 抽象化して解決
  • 実例で検証
  • 可視化して協調
    • 見えるようにしてお客さんと解決

で、ソフトウェア開発の道のりを、
これに当てはめて考えてみよう、と。

  1. 機械語
  2. アセンブラ
    • 命令に対して「名前付け」
  3. 手続き型、構造化
    • サブルーチンに「分割」
  4. モジュール指向
    • 「分割」をさらに発展
  5. オブジェクト指向
    • 概念の抽象化

それじゃぁ、Nextは何だろう?という問いかけ。
で、「離」。
Nextは「社会と協調しながらソフトウェアを作り上げること」だろう、と。

その他

あまり整理されてない断片的なことをつらつらと。

  • 優秀なエンジニア
    • スタミナがある
    • 国語
    • ユーモア
  • 心得
    • メモ
      • いつでもどこでもメモをとれる/とるように
    • マップ
      • 全体を俯瞰
      • 絵を描いて相手に確認(見える化?)
    • メソッド
      • 分析し、具体例で検証?(←よくわかってない)
    • パターン
      • 優れた人や技を真似る
    • 2:8の法則
      • 自分にとって重要な2割に注力し、8割の成果を!
  • 世阿弥
    • 離見の見
感想

ちょーっと難しかったです。
そのせいか、プレゼンのストーリーに入り込めず。。。orz
あと、時間が足りなくって、
後半すっ飛ばしまくりなのが残念でした。
ただ、随所に「おお!」と思えることがあって
もっと自分がレベルアップした後に、
最初から最後まで聞いてみたいなぁ、と。