これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

PostgreSQLのInstallメモ

PostgreSQLのInstallは、おなじみのapt-get。

$ sudo apt-get install postgresql-8.1 postgresql-client-8.1

PostgreSQLの起動と停止と再起動は、以下のように。

$ sudo /etc/init.d/postgresql-8.1 start ← 起動
$ sudo /etc/init.d/postgresql-8.1 stop ← 停止
$ sudo /etc/init.d/postgresql-8.1 restart ← 再起動


PostgreSQL管理ユーザーのパスワード設定をしておく。

$ sudo passwd postgres
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: password updated successfully


DB上のユーザーを作成。

$ su postgres
$ createuser [dbuser名]
Shall the new role be a superuser? (y/n) n ← 管理ユーザーにするか?
Shall the new role be allowed to create databases? (y/n) y ← DB作成権限をあたえるか?
Shall the new role be allowed to create more new roles? (y/n) n ← ユーザー作成権限をあたえるか?

次いで、/etc/postgresql/8.1/main/pg_hba.confを編集して、認証回りの設定。(たぶん。。。)
このファイルを編集しない場合は、
作成したDBユーザーがUbuntuのシステムユーザーとして存在してないとダメっぽ。(たぶん。。。。。。)
詳しくはこちら

$ sudo vi /etc/postgresql/8.1/main/pg_hba.conf
local all all md5 ← 変更前はmd5のところがident sameuserとかなってるはず
host all all 127.0.0.1 255.255.255.255 md5


DBの作成。

$ createdb -U [dbuser名] -E [文字コード] [db名]