これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

ディスカッションの進め方

今日、社内で部内のメンバーを全員集めて、
今年度のこれまでの取り組みについて振り返りをしよう、
ということになりました。
以前、オブジェクト倶楽部ファシリテーションについて知って、
勉強会で試したことがあったので、私が進行役。
以下、30名規模でディスカッションを進めるにあたっての、
自分なりのポイントを整理。

議論に適したサイズ

30名を6名×5グループに分けて、グループ内で議論。
30名と6名では、場の固さが全然違います。
30名の前で発言できない人も、6名の前ならできる。
座席の配置も、なるべく6名が向かい合うようにする。

強制的で平等な発言機会と喋り易い雰囲気

議論の進め方は、基本的に以下のようにしました。

  1. 議論のテーマを提示
  2. テーマについて思うことを一人30秒で、グループ内に意見を述べてもらう
  3. グループ内の全員が発言し終わった後、みんなで議論に入る

ポイントは2番目です。
「強制的に喋る」機会を作ることで、
「強制的に一歩目を踏み出す」ようにする。
とは言え、ドキドキしながら一歩目を踏み出したのに、
そこで否定されまくっては逆効果。
そこで、具体的な議論に入る前に、アイスブレークとして
話し易く、かつ、否定されにくい内容で体験してもらう。

議論の進め方

今回のディスカッションでは、
大きく分けて2つのテーマについて議論してもらいました。
1つ目のテーマについて議論する時は、
ある程度進め方を決めてしまいます。
みんな慣れてないので。
逆に2つ目のテーマの時には、
みんな慣れてきてるし、場の雰囲気も柔らかくなっているので、
大まかな時間の枠だけ決めて、比較的自由に議論。

全体で共有する

グループ内の議論は、グループ内だけに留めず、全体で共有します。
議論が終わったら、一旦、グループごとの結論を発表してもらいました。

雰囲気重要

ゆるゆる感と強制感の共存。
ファシリテータの雰囲気そのものが、その場の雰囲気になります。

難しいなと思った点

始まってしばらくすると、
議論が停滞するグループがあった。
強制的な発言から能動的な議論へ移行する時に、
みんなの戸惑いを感じた。
間にワンクッションおくといいのかも。
イメージ的には、強制→ゆるやかな強制→自由発言かなぁ。