これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

GTD実践記(12) 3万フィートで進む方向を決める

昨日に続いて更に高度を上げ、3万フィートへ。
3万フィートは、1年後の目標を見つめる高さだ。
以下のように実践してみた。


まず、メモ帳の新しいページを開く。
左側のページも、右側のページも何も書かれていない状態。
で、左側のページに昨日書き出した「今の自分」を書き写していく。


次に右側のページの上の方に、一年後に日付を書く。
今日だと2007年8月15日(もう16日かな?)。
その日付と「今の自分」を頭にいれ、
一年後の目標を書き出していく。
まずは「〜なってたい」形式で記述。
で、より具体的にイメージするために、
それを明確な指標へ落し込む。
例えば、
「より質の高い情報を提供し、多くの人に読んでもらいたい」
という目標に対して、
「ブログのアクセス数が50,000に到達する」
という指標を設定。
こうすることで日付と指標が明確になるので、
「今、何をすれば良いのか」を判断しやすくなる・・・はず。
しかも、やや困難な指標にしておく。
現在の質をギリギリまで上げるために。



こんな感じで一通り、一年後の目標を設定し終えた。
振り返ってみると、今進むべき方向が明確になりスッキリ。
プロジェクトが乱立して、
個々は明確だけど全体がどうなってるのか分からない状態だったのが、
いい感じに整理できた気がします。
次は、この目標に合わせて、プロジェクトの内容を見直そう。