これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

扱いやすいデータ構造に変換する

その処理に向いていないデータ構造なのに、
頑張ってロジック書いて複雑なプログラムにしちゃう、
またはしようとする。
最近、そんなケースを出会うことが多い。
一旦、処理しやすい構造の中間データに変換しちゃえばいいのだ。

A→処理→B

じゃなくて

A→変換→A'→処理→B

にする。


変換処理の分、ロジックの数は増えてしまうけど、
複雑なロジック1つより、
シンプルなロジック2〜3つの方がいいし。


ちなみに、データ構造によって
どんだけロジックがシンプルになるかって話は、
珠玉のプログラミングに書いてあった気がするなぁ。