これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

PostgreSQLのInstall

1. PackageをDownload&Install

ここからダウンロード。
で、普通にInstallする。

2. PostgreSQL用ユーザーを作成

システム環境設定パネル → アカウント → "+"ボタンを押してユーザーを追加。

  • 名前: PostgreSQL User
  • ユーザ名: postgres
  • パスワード: もにょもにょ
3. PostgreSQLの設定

PostgreSQLのディレクトリオーナーを"postgres"に変更

$ sudo chown -R postgres /usr/local/pgsql/


postgresユーザーに切替えて、DBを初期化。

$ su - postgres
$ /usr/local/bin/initdb -D /usr/local/pgsql/data


postgreSQLを実行。

$ /usr/local/bin/pg_ctl -D /usr/local/pgsql/data -l posgres.log start

4. 確認

postgresユーザーでDBを作成して、繋げてみる。

$ /usr/local/bin/createdb test
$ /usr/local/bin/psql test


確認したら作成したtest DBを削除。

$ /usr/local/bin/dropdb test

5. 自動起動の設定

pgsql-startupitem-1.2.pkg.tar.gzをDownload&Install。
で、勝手に設定してくれる模様。
"/Library/StartupItems"にPostgreSQLが作成される。