これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

OSとしてのブラウザ

「OSとしてのブラウザ」時代、いよいよ到来か?』より。


ブラウザ内で動くアプリケーションが増えているのを感じる昨今、
この記事の内容に激しく同意。
アプリケーションのプラットフォームは、
PCのデスクトップからWebブラウザへと移行しつつあるように思う。
最近、WindowsPCからMacBookへ移ってきた私ですが、
3日ほどで、WindowsPCをあまり起動しなくなりました。
これは、日常的に使っているアプリケーションが、
Webブラウザ内で動いているからなんですよね。
メール(Gmail)とか、
Bookmark(はてブ)とか、
Webページの更新チェック(アンテナ)とか。
もちろん、ローカルにInstallしているアプリも、まだまだあるけど。


どこのPCを使っても、Webブラウザさえあれば
いつもの環境が目の前に現れる。
そんな時代がくるのかなー。