これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

イベントで今年を振り返る

今年のふりかえり@イベント編。今年も幾つかのイベントに参加できて良かった。

  • Seasar Conference 2006 Spring
  • オブラブ@夏イベント
  • XP祭り2006
  • Seasar Conference 2006 Autumn
  • オブラブ@クリスマスイベント

なんか偏ってるけど、まぁ、いいか。あああ、最後のやつはレポート書いてないや。色んな作業に忙殺されてスルーしてしまった。ってかブログ自体、あんまり書いてないし。さて、ではイベントで印象に残ったものベスト3。


1つめは、id:t-wadaさんのTDD関連。これは外せない。TDDは設計技法でもあるけど、プログラマーの心理マネジメント手法でもあるんですよね。「不安がある?じゃぁ、テストを書け。」ってね。TDDはプログラミングの天才のためのものではなくって、凡人のための手法。だからこそ、繰り返し練習することで習得できる「スキル」だ。TDDを駆使することで、プロジェクトで生み出されるソフトウェアも、プログラミングしているデベロッパーの精神と身体も、健康な状態を保つことが可能なるんだな、と。「プロジェクト健康宣言」はとても強いメッセージのつまった言葉だなぁ、と感じました。あと忘れてはいけないのが、テストの資産価値の話。これは今までの自分には全くなかった概念で、テストコードをどう書くかという点において、非常に大きな影響を受けました。しかし、懇親会で質問したの&ライトニングトークスを含めると、t-wadaさんの話を5回も聞いてることに!ありがとうございました。


2つめは、id:higayasuoさんのSuper Agile Web Development。ページ駆動開発のデモを目の当たりにして、正直、「うわ。これは凄い。やられた。」と思いました。何が凄いって、プロジェクトの早い段階から「常に画面を見ることができる状態」を維持できること。システムのユーザーが見える部分(UI)から、ロジックやDBへ向かって徐々にシステムを構築していくんだから。これって、ユーザーに対しても、デベロッパーにとっても、とんでもなく嬉しいことですよね。Seasarってば、達人プログラマーやShip it!に出てくる曳光弾開発を、自然に実現できてしまいそうなフレームワークだなぁ、と。Railsに傾きかけたところを、ぐっとJavaに引き戻された感じです。で、個人的に妄想してしまうのは、Tuigwaa+S2BuriとChuraの連携。最初はTuigwaaで作ってたんだけど、途中で対応しきれなくなったんで、Dolteng経由でChuraにTuigwaaの成果物を読み込ませて開発を続ける、みたいな。


3つめは、平鍋さん。「XP is about Social Change」と「Social Change starts with YOU」。どちらもKent Beckの言葉かと思いますが、日本でこれを一番訴えた方が平鍋さんなのかなー、と。いわゆる世界とは、「あなた」と世界の関係の部分にある。つまり世界を変えるとは、「あなた」と世界の関係を変えることだ。その変化は「あなた」から始まるのだ。この考え方は、今の私をとても強く支えてくれるものになりました。あの人と、みんなとこうなりたいから、まずは自分が変わるのだ。それと、オブラブのクリスマスイベントで3Tという言葉が出てきました。この業界はいわゆる3K(きつい、きつい、きつい)と言われてますが、3Tにしたいなぁ、というお話。3Tとは、定時で帰れる・高い給料・楽しいの3つ。がーっしゅ(はげどー)。
#平鍋さんのプレゼン資料にKent Beckの言葉が載っていて、とても感動したので紹介。(資料はこちら

ぼくは『周囲を変えたい』という状況になった場合、いつもこの言葉を忘れないように努力する--『自分が変えられるのは自分だけ』。でも、自分が変わるとすぐ、自分と周囲との関係が変化するんだ。そして、それで周囲の人が変化する、そして、自分の周りが変わり始める。大きな変化というのは、こういう風に始まるんじゃないかな、つまり、一人の人が世界と自分との関係を変えることを選択する。そして、その変化が広がっていく。-- Kent Beck


今年は参加できなかったイベントもあって、それが残念でした。デブサミとかRubyKaigiとか。今年は行けたらいいなぁ。