これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

年功序列の光と影

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

3年以内に辞めていく若者が増加しているという問題を、年功序列を代表とする「昭和的価値観」の視点から捉えた本。

年功序列

若い時は我慢して下積みをする。その代わり、誰でも年齢と共に地位と収入が上がっていって、生涯年収はそれなりのもんになりますよ、と。年功序列とは、そんなコンセプトの報酬制度らしい。仕事の内容も地位の上昇と共に責任の重いものになるので、若いうちは基本的に大した仕事はできない。それでも、将来のオイシサは保証されているので、多くの人が我慢して企業に留まり続ける。それが長期的に企業内にノウハウをため込み、かつ、企業の競争力を育てる要因にもなった。
年齢と共に地位が自動的に上がるということは、上級職のポストがたくさん必要になってくる。だから、年功序列がそのコンセプト通りに運用されるには、企業が常に成長し続けているということが前提なのである。

年功序列の崩壊

バブル崩壊等による日本経済の失速と共に、企業の成長にも陰りが見えてくる。そうすると、成長し続けることが前提の年功序列では、おかしなことになってくる。まず年齢が高くなってきた人の給与を上げるために、無意味なポストが作られる。あるいは、子会社の管理職ポストが割り当てられる。そうやって何とか年功序列を維持し続けてきたが、当然、それでもポストは足りないのである。そうして長蛇の昇進待ち行列ができ、一部の優秀な人を除いては、従来上り詰めることができた地位の遥か手前で昇進が止まってしまう。年功序列においては、収入はイコールで地位なので、収入も依然より低い水準で頭打ちだ。ここに至り、若い間は我慢して、さらに年食ってからも我慢するという涙ものの現状が出来てしまうのである。

若者は何故3年で辞めるのか

まず、採用の変化について考えなければならない。日本経済が元気で、企業の成長も右肩上がりだった年功序列の全盛時代。企業は大量の新卒採用をおこなっていた。必要なのは、ずば抜けて優秀な人材ではなく、年功序列の文化に従順な人間だ。とんがった人間は、寧ろ敬遠された。なにしろ、若いうちは大して面白くもない仕事をコツコツとやってもらわねばならないのだから。文句を言う社員はいらないのである。
しかし、企業の成長に陰りが見えてきた時、企業はそれまでのように大量の新卒社員を採用することはできなくなった。そうすると、人材を厳選して採用することになる。とんがった人間が新人として入社してくるわけだ。そうして入社した新人がそこでまず思い知るのは、イメージしていた仕事の内容と実際に割り当てられた仕事のギャップである。そこでその新人は、こんなのは自分のやりたい仕事ではない、と文句を言うのである。それに対し良く言われるのが、「最近の若者はワガママだ」である。
更に入社して3年も経ってくると、社内のことが色々と見えてくる。つまり、昇進窓口の前には長蛇の列ができており、我慢し続けても先にいいことは無いと気づくのである。そして会社を辞めていく。それに対し良く言われるのが、「最近の若者は我慢できない」である。
果たしてワガママや我慢できないという評価は、正当なものなのであろうか?

どうすればいいのか

働く目的を見出そう。人生を会社に依存させているよりは、やりたいことを見つけ年功序列という名のレールから外れてみる。その先に成功があるかは分からないが、そこには確かに「働く動機」が存在する。


と、そんな感じの話が載っていた・・・ような気がする。年功序列の部分については「ふむふむ」という感じで、最後の結論辺りは同意といったところかな。個人的にポイントだと思うのは「くれくれ君」からの脱却かな。「〜してくれ」・「〜してくれない」・「〜すべき」。それも結構。だけど、そろそろ言うだけじゃなくて行動にしてみてはどうだい?、とそんな風に思う。