これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

人の育て方

先週の飲みで聞いた話、その1。人を育てるポイント(おいらの脳内変換完了バージョン)。

  • 段階を経て割り当てる作業を変えていく
    • 単純なものから複雑なものへ
    • 範囲の狭いものから広いものへ
      • 考える範囲
      • 視野に入れる範囲
  • 状況に応じて突き放す厳しさ
    • 一定範囲を完全に任せてみる
    • 目的のある厳しさ
      • 単に厳しいだけではダメ
    • 自分で「何とかする」力を持ってもらう
    • でも、ちゃんと見ているよ、というメッセージを態度で示す
    • 何かあってもちゃんとフォローするからやってみな
  • 信頼する/してもらう、尊重する/してもらう
    • 「突き放す厳しさ」の中でも関係が壊れない
    • 信頼するから任せることができる
    • 信頼されているから厳しくしてもついてきてくれる

聞いてた時は、ちゃんと手順化されてて凄いなぁ、と思った。手順化されてるということは、狙って育てることができるということだ。無論、状況にも寄るのだろうけど。素晴らしい。ああ、書いてて思い出した。五十六(いそろく)メソッド。

やってみせ、やらせてみせ、できたら褒める