これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

ルールが必要なのだよ、ルールが

人が効果的に動くためにはルールが必要なのだ。ルールというと、それだけで拒否反応を示す人がいる。もっと自由でいいんじゃない?と。だけど、ルールが無い場合、あまりにも非生産的なことでいちいち判断や議論が必要になってしまい、本来やるべき作業や業務に割ける時間が減ってしまう。時間だけじゃなくて、エネルギーも。もっと効率的にやろうよ。ルールを設定することで解決する問題なら、そうすればいいじゃん。もっと頭を使うべきところに頭を使おうよ。
・・・・と、昨日感じた。半ば愚痴だw;
ルールって、無ければ混沌へ向かうし、ガチガチすぎると官僚的になってしまう。バランスとりながら、適切なルールを設定しないといけないんだろう。思うに、業務のフレームワークを作るようなルールが良いんじゃないかな〜。本当に生産的で創造的な作業を切り出して、そこは自由にやる。でも、その外にある大きな業務の流れはフレームワーク化されていて、定型的に事が進んでいく、みたいな。だめかな〜?勿論、そのフレームワークは、より上位の目的と照らし合わせて、適宜改善していく必要があるけど。