これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

議論フレームワーク

社内の掲示板に「議論の進め方」を投稿したついでに、Blogのネタにもしてしまおうという怠惰な私でありますよ。

1. ディスカッションのゴールを明確にする

  • 何をテーマにディスカッションするのか?
  • 何を決めればいいのか?

2. ディスカッションの進め方を明確にする

  • どういう手順を踏んで、ゴールまで辿り着くのかを明確にする
    • それぞれの手順でどの程度の時間を費やすのかも、ある程度決めておくと良い
  • 意思決定の方法を決めておく
    • ディスカッションなんで意見が対立して堂々巡りになることは、良くある
    • それを回避するためにも、意思決定の方法を決めておくと良い
    • 意思決定方法の良し悪しはあるけど、決まってないのが一番マズイ
    • 多数決・偉い人に決めてもらう等、何らかの意思決定方法を決めておくこと
      • 議論の最初で合意をとっても良い

3. ディスカッションが始まる前に、上記1と2を全員で共有しておく

(↑の見出しで言いたいことが全部言えた・・・)

4. ディスカッション中の司会の心得

  • 司会者は聞き役に徹する
    • 自分の意見を言うことよりも、一歩引いて議論全体がどう推移しているかを把握しておく
    • 発言者の意見を理解できなかった場合、自分が理解できるように聞きなおすこと
    • マインドマップやホワイトボードに書き込んで「これでいいよね?」と確認すると、尚良い
      • 議論内容を見えるようにするのは基本。せっかく出てきた意見を、議論の場に留めなければ!
  • 皆の発言を促す
    • 全員が積極的に発言すればいいが、そんなケースはあまり無いので、発言していない人を指名して意見を聞く
    • ある程度、全員から均等に意見を聞くようにする
  • 否定しない
    • 司会者は発言者の意見を否定しないこと
    • 誰が見ても変な意見であれば、他の発言者によって否定されるはず
    • 否定されなくても、結論を導く過程でフィルタリングされるように、決定方法を決めておけばよい
  • 時間について
    • 時間が来たら議論を打ち切る勇気と割り切りも必要
    • ただ、議論が盛り上がりをみせているような雰囲気を感じたら、続けても良い

番外編. 多人数でのディスカッション

30人くらいで議論しちゃおうって場合の話。こんな風にやってみました。

  • 6名程度のグループに分ける
    • そのまま議論しても場の空気が固すぎて無理なので、多分、これは必須じゃないかと。
  • グループ内で議論する
  • グループでの議論を他のグループと共有する
    • 議論の途中で共有する時間を設ける
      • 30分の議論だったら、15分ずつの2回に分けて、間で途中結果を発表してもらう
  • 全体での結論を出したい場合
    • グループから代表者を選抜
    • 代表者にグループ内の結論を発表してもらう
    • 代表者同士で議論
    • 議論結果を踏まえて、各代表者に自分なりの結論を出してもらう
    • 代表者の意見に対して、あらかじめ決めておいた意思決定方法を適用する
      • 全員で多数決してみるとか、偉い人が「これにする。理由は○○○○だから。」と決めるとか
      • 代表者によるプロセスを省いて、いきなり意思決定に入るのもありかも?