これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

マジカセミナーを受けてきたのです

今日、スターロジックさんのマジカセミナーを受けてきました。要件定義とマジカのお話。
頭に強く刻み込まれたのは、

  • 目的の確認は大切だが、「なぜ?」という問いかけは、された方にとって「重い」
  • 後工程超重要!
  • 「1要件」は「1お仕事シート」

だな〜。
1万円払った価値はあった。更に2万円払って来週の木曜のやつも受けてみたい・・・。どうしようかなー。


で。
思ったことが。
最近、ABC/ABMの本を読んだ。ABCってのはコストを各社員の活動(Activity)単位に算出しようって感じ。で、ABMでプロセス効率化を行ったり、給与計算のベースにしたりと色々応用していくらしい。でも、Activityを洗い出すのは大変だなぁ・・・なんて思ってたわけです。
で。
お仕事シート一つをActivityと呼んでいる、と。
もしかして、そーいうことなんだろうか?マジカの幅の広さは、こういうところがベースになっているからなのかなぁ。