これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

世界は幸せで満ち溢れる

素晴らしいニュース。なんと幸せには保存則は成り立たないとのこと。これはすごい。何がすごいって、世界が幸せで満ち溢れる可能性があるってことだから。とりあえず、自分の狭い世界の範囲内だけでも幸せが増やせるといいなぁ、と思った。愚痴を吐くより、相手を責めるより、どうしたら「この人と幸せになれるのか」を考えようと思った。

幸せに保存則は成り立つだろうか?たとえば恋愛をすると、あなたもわたしも幸せになる。
すなわち、世界の幸せ量は増える。逆に、減ってしまうこともある(喧嘩など)。幸せは、保存則には従わない。だとすると、幸せは多い方がいいのだから、世界の幸せが増えるように、自分が行動することは、意味があることだ。つまり、自分の幸せのために、世界のほかの部分の幸せを減らすのではなく、世界のほかの部分の幸せを増やし、それが自分の幸せにもなることがある。

素敵なエントリーをありがとうございます。