これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

渦中に入ると

何か物事を動かそうと思えば、その渦中に入らざるを得ない。が、渦中に入ることによって外からは分かっていたもの、見えていたものが見えなくなる。当事者であるが故に、何かに囚われてしまう。今、目の前で起きている事態を俯瞰する視点を失ってしまうように感じる。あるいは、大きなプレッシャーがかかると、それを回避することに必死になってしまう。
なんか、最近、色んなことの渦中に入ってしまった感じがしてイヤーンな感じ(?)。こういう時に、相談相手が居るといいんだろうなぁ。コーチングでも受けたい気分。もやもやもやもや。


追記。
ちゃんと目的を明確にしておけば、渦中の中に居ても目指す先は分かる。が、問題はToBeではなくって、AsIs。現状がどうなのかが見えにくくなるんだよなー、と。ゴールは分かっても、現在地が分からないからどっちへ行けばいいか分からない。うーむ。
こういうときこそ問題分析やれって話なのかしら。「ToBeになってない。なぜか?」辺りをキッカケにしてみようかな。