これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

過程への関与具合で結論への納得感が変わるのであれば

結論が導きだされる過程への関与具合で、その結論への納得度が変わるらしい。であれば、人事評価も同じではないかと。
上司が一方的に評価を下すのではなくて、最終的な評価へ向かう過程を評価者・被評価者がともに歩めば、最終的な結果への納得度も多少マシになるんじゃなかろーか。そーだといいな。ああ、胃が痛い。