これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

焦っている相手には落ち着いて対応を

昼ごはん食べながら耳に飛び込んできた話。かなり脳内補完。
新人が電話に出たけど、焦ったのか転送がうまくいかない。そこに指導役の人登場。早く電話を転送しないとお客様に失礼になるってのが頭にあったのか、「早く早く」と慌てて急かしてしまったそうな。
で、「焦ってる相手に慌てて対応してもダメじゃんね〜。大丈夫だから落ち着きな、って言ってあげないと、パニックになるだけだよね〜」とのこと。
うん。その通りだと思った。
んで、これは電話に限らないなぁ、と。仕事してれば色々とピンチな事態に遭遇するわけだけど、焦っている部下と一緒になって慌ててちゃダメだよなぁ。そりゃ、まぁ、自分も内心焦ってしまうのかもしれないけど、そこはぐっと堪えて、冷静な振りをしてないとね。自分のためにも、チームの精神安定のためにも。パニックは相乗効果があるような気がするし。