これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

ピア・プレッシャー

先週の金曜日は、前回の職場の皆さんとボーリング大会。で、割り当てられたチームが強めで、1位とれそうじゃん〜?って感じ。で、結果1位だったんだけど、そんときのチームの雰囲気が凄かったなぁ、と。
例えば、3人連続ストライクが出ると、次の人に嫌が応にもプレッシャーがかかる。皆もストライクを要求する。そんで、まぁ、実際投げてみるとストライクだったり、そうじゃなかったりするわけですが。んでも、ストライクが出ると凄い盛り上がり。いつの間にか、みんな、ストライクを要求するときは腕を交差させて変なポーズとってるし。アホですか、と。いや、俺もその一員なんですがw
何が言いたいか分からなくなったw
えーっと。このチーム、普通にボーリングしてても、そこそこの成績を残せたと思うんですよね。でも、なんかお互いがお互いにかけるプレッシャーで、普段よりもいい成績を出しちゃってたような。いけいけどんどん。
で、なんでこんな雰囲気になったのかを軽く分析できたら、仕事にも応用できるんじゃね?って思ったのです。
で、私なりに感じたポイント。

  • 100%以上を要求するプレッシャー
    • 時には自分でプレッシャーかける
  • 失敗しても責めない(冗談っぽく「え〜っ」とかは言うけど)
  • 要求に応えてくれたら惜しみない賞賛
    • これは嬉しい
  • 上手くいってない人に対するフォロー
    • 「大丈夫、OKOK」的な
  • 高い成績そのものが報酬
  • 周りから見ると変な、でも本人たちにとっては楽しい文化
  • 一体感を持てるチームサイズ(5〜6人)
  • 遊び心を仕事にも
    • ボーリングはそもそも遊びだけど、上手い具合に仕事にも遊び心を取り入れられたらなぁ
    • 真面目にやるだけが仕事じゃねー

こういうのがあって、プレッシャーというのが上手く機能してたんじゃなかろうか。んー、まだありそう。思いついたら足していこう。