これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

20:60:20の法則

組織に属する人間は、優秀な20%と普通の60%と普通以下の20%に分けられる・・・という法則。最近思うのは、これはもしかして採用の問題なんでわ?ということでして。考えなしに採用した結果の20:60:20なんじゃないかなー。
少なくとも自社をみていると、採用に関して目を見張るような工夫はないし、他の会社と似たような感じだねーって思う。それはつまり、何も考えてないのと同じなわけで。他社と横一線な採用やってたら、優秀な人材が来てくれるかは運次第。で、運任せにした結果、20:60:20。
いや、採用担当の人は、その人なりに必死にがんばってると思うけど。優秀な20%の人材ってどんなんよ?って基準がないし、多分、採用人数というノルマもあったりするんだろうから、採用担当者にこの問題の責任を押し付けるのは、ちょっと可哀相。
採用に関しては、経営陣が以下のことを明確に示さないとダメなんじゃ。

  • 我々が採用したい人材の基準はこれだ!
    • 優秀な20%に該当する、あるいは将来そうなるであろう人材の基準
    • 小さい企業なら社長が自分で面談して、俺基準全開でもいいのかもしか
  • 基準に満たない人材は採用しない
    • 例え0人になったとしても、20:60:20の組織になるよりは良い

頭数を揃えるのに必死な採用ってのは、あんまりいいことが無いように思う。