これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

睡眠時間と死亡率

35歳から55歳のイギリスの公務員およそ10000人を対象に17年間にわたって、睡眠時間と健康状態を調査した。これだけの研究期間と人件費を投じた大規模な研究は、今までに例がない。結果として、平均の睡眠時間が5時間以下の勤労者は、それ以上の睡眠時間を確保している勤労者と比較して1.7倍以上の高い死亡率をとることがわかった。

と、いうことらしいんだけど、これって労働時間も考慮に入ってるのかな。もしかしたら、死亡率が高い原因は、睡眠時間が短いことよりも労働時間が長いことかもしれないよな〜、なんて思った。ああ、でも睡眠時間が長すぎてもだめってことらしいから、労働時間というわけでもないのか。うーむ。因果関係はわからんが、相関関係はあるってことかしら。