これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

不快なタスクが時間を消費しまくることも

他のコツは概ね賛同できるのだけど・・・

最も不快なタスクを先に片付ける:どうせやらなきゃいけないものなら、先にやることで不快な時間をミニマムにできるし、タスクの先延ばしを避けられる

不快なタスクを先にやろうとした結果、なかなか終えることが出来ずにグダグダと時間が過ぎていく・・・なんてこともあるなぁ、と思いました。時間の節約という観点でみると、不快なタスクに手を出すべき時とそうでない時がありそう。
やる気やエネルギーに満ち溢れている時なら、一気にやってしまえるけどなぁ。ただ、1週間〜1ヵ月くらい期間で見ると、不快なタスクが残っているというのは、確実にエネルギー低下の原因になってるなぁ。不快なタスクというのは「不快」なだけに厄介な存在ですねぇ。色々工夫するけど、それでも出来ない時はホント出来ない。出来るけど、時間がかかる。やれやれ。