これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

月にたった2時間の会議

とある会議が月に1回、約2時間程度ある。これがまた非常に出席率が悪い。理由は概ね「忙しいから」だったりする。で、その場にいた偉い人曰く、「月に2時間の調整もできないほど忙しいのか?」。ふむ。そう言われると何とかなりそうなもんだ、と思わないでもない。
が、しかし。多分、月に2時間じゃないのだ。その忙しい人にとっては、「その日の2時間」なのだ。日々の業務を何とかこなしていくだけで精一杯。1ヵ月後のミーティングのための調整なんて、頭の片隅にもない。で、気づけば当日になり、2時間も会議してられっか!となるんじゃまいか。
なーんてことを思いながら、会議の内容を聞き流していた。まぁ、本当の理由は「面倒くさいから」とか「意味を感じない」なんだろうなw
私自身も苦しんでいるけど、「面従腹背」という病は組織を蝕むね。どうすりゃいいんでしょ。