これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

上司がうつになる時代


上司も大変だよね。
あれだな。働き方というか、働く方の意識はどんどん変わっているけど、組織をマネジメントする側の考えなり手段なり仕組みなりが対応しきれてないんじゃないかと思つた。サーバント・リーダーシップなんて上の記事では言ってるけど、結局、歪になってしまった社員と組織の関係を中間管理職が個人の力でなんとかしてるだけなんじゃ。
多分、階層型組織になってるのもダメなんだろうな。上司と部下の力関係が、実質、対等に近くなってるんじゃなかろうか。形式上は上司の方が権限を持っているけど、じゃぁ、その権限でもって部下がやる気だして動いてくれるかといえば、そういうわけでもなく。そんでも、なんか知らんけど責任はあるんだ、これが。そこで頑張ろうとすれば、そりゃ苦しいよね。思考停止して旧態然としたやり方で怒鳴りちらせば楽なんかな〜?まぁ、成果は上がらないと思うけど。
組織をフラットに近い形にしつつも、目的に向かって統制がとれるような仕組みが必要なんだろうな〜。組織サイズがでかいと、そんな風に適応していくのも並大抵のことではないんだろうな。