これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

組織サイズが大きくなると、結局何がまずいのか

コミュニケーションコストが高くなっちゃうからだな、きっと。部署、役職が増えれば、その分、コミュニケーション経路が増えるわけで。その分、書類だの会議だのが増えていくような。
しかも、経路が複雑化しているから、どこからどこへどういう情報を流通させればいいかも分からない。情報が到達するまでの経路も長くなるから、様々な意識的/無意識的思惑の影響を受けて情報が変質していく。だから、自分が適切に役割を果たすための情報が入ってこないか、入ってきても正しくなかったりすることも。適切な情報が入ってこないのに、なんで適切な判断ができようか。更に不適切な判断から、不適切な決定と誤った情報が生み出されていく。見事な悪循環。
ひとつひとつ地道に縺れた糸をといていくしかないんだろうな。自分と相対する人と丁寧にコミュニケーションする。それを全員がやれば、すげー良くなると思うんだけど。んでも、そこはそれ。人間なので、コミュニケーションが上手くいかない理由を相手に求めがち。
あー、もう、なんか組織サイズの話じゃなくなった。いいやw