これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

その「場」が心地よいか

今日のカンブリア宮殿は「ドトールコーヒー」だった。コーヒーや食べ物への力の入れようはすごいなぁ、と思った。基本理念が「一杯のコーヒーで、お客様に安らぎと活力を」だったかな。これは素晴らしいと思うのだけども、私自身はあまりドトールコーヒーに良い印象がないんだよなぁ。
喫茶店でコーヒーを飲むときに求めるもの。それは、コーヒーそのものは勿論だけど、接客や座席等を含めたトータル的なサービスの結果、その「場」が心地良いものであること。10分とかで出て行っちゃうようなんじゃなくて、腰を落ち着けてコーヒーを飲みながら本を読んだり、思索に耽ったりしたい。至福の時間を味わいたい。
そんな感じ。
申し訳ないが、ドトールコーヒーでそれを味わったことは一度もない。ミラノサンドうまー、と思ったことはあるけどw というわけで、私はスターバックスが好きだ。私にとって心地よい空間がそこにあるから。