これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

短所と長所

短所って裏を返すと長所であることも良くあることでして。そうすると、短所を改善することが必ずしも良いこととは限らんのかなぁ、と。本当は場面場面に適した振る舞いができるようになれればいいんだろうけど、なんだかそれはそれで詰まらないような気がしてきたよっと。例えば長所である能力Aを伸ばしに伸ばしまくって、通常はデメリットになってしまうような場面でも、それをそうと感じさせないくらい圧倒的な能力Aを見せ付けられるようにできれば面白くね?などと訳の分からないことを考える昼休み。
つまり俺は短所を改善しようという意欲があまりなくって、言い訳気味にこういうことを考えたのかもしれないw
#ああ、分かった。何もかも完璧なヤン・ウェンリーヤン・ウェンリーじゃないってことだw