これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

著作権の議論で

権利者側の主な意見は「私的複製によって権利者は多大な損害を被っており、文化の発展のためにも補償金制度は必要。違法サイトからのダウンロードは当然、違法とすべき」といったもの。これに対してユーザーや、電子情報技術産業協会JEITA)などメーカー側からは「私的複製はユーザーの権利で、権利者の被害も実証されているとは言えない。違法サイトからのダウンロード違法化は行き過ぎで、ネット利用を萎縮させる」といった意見が出た。

この手の議論でいつも思うのは、権利者側に出てくる登場人物が、ほとんどの場合「権利者団体」であることなんだよな〜。権利者の顔が見えないというか。それは消費者の方も同じだろうけど、今回意見が集まったってことで少し前進なんだろうか。多分、消費者側の根本的な部分にあるのは「権利者団体」への不信感だと思うんだよね。「おまいらがオイシイ思いをしようとしてねーか?」って感じ?権利者の声が議論の場に届き、カネの流れの透明性があれば、随分と反応も変わってくるんじゃなかろうか。