これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

成果主義というやつ

 「目標や昇格用件などが全く不明確であり、成果主義という言葉だけを取り入れただけで、その実は人件費抑制だけだった」
 「客観的な数値に基づくものではなく、上司の主観的な判断に基づくものである。給料を下げるための手段としか思えない」

まぁ、こういうのはそもそも問題外なんだけど、そうでなくても成果主義っていろいろ難しい面がある。

数字でしか評価せず、顧客との信頼関係や他部署とのネットワーク等、業務を進めるうえで大事だと思われることについては全く評価されない。

例えば、賞与を成果に基づいて分配しましょうって場合、どういう評価プロセスを踏もうとも、最終的には定量的な評価にもっていかないとマズイわけで。そうすると、↑のような明確な数値として表しにくい貢献というのをどうすりゃいいの?っていうのは、大きな悩みになるわけです。信頼関係なんて、傍から見ててそう分かるもんでもないし、ましてこういった活動というのは目先のことよりも、中長期的に効いてくるものだったりする。こうなると、もうね、「無理、ワカンネw」ってのが正直なところ。
ソフトウェア開発でも、なかなか個人の成果を数値化するのは難しい。チームで作業してるから、その中で個々人がどんだけ貢献してくれたの?って・・・ねぇ。悪名高きw人月商売であれば、個人の売上って分かるけど。でも、それって「貢献度」とは全く関係ない数字なんだよね。
唯一使えそうなのは、チームの利益かな。これは、チームがお客様に対してサービスを提供した結果、得た成果なわけで、割とはっきりしてしているんじゃないかな〜と思います。もうね、「チームの利益は○○だから、あとはチーム内で納得いくように分配してよw」と言いたい。最も、そんなことをすると、うちの会社の場合、チーム単位の利益も不明瞭だし、人月単価決める(=チームの売上が決まる)云々のところにチームメンバーは全く絡めないから、自分の成果とは関係ないところで金額が決まってしまって何じゃそら、となってしまうわけですがね。
かくして、仕事の成果に対する取り敢えずの基準を決めてみたり、はてな方式を微妙に取り入れてみたりと試行錯誤を繰り返すわけですな。