これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

個人のニーズにフィットしたツールが作りたい

多機能だからといって機能を全て使う必要はなく、自分に必要な機能だけをシンプルに使えばいいんじゃないか

様々なツールが溢れる世の中ですが、本当に自分のニーズにフィットしたツールってないんですよね。例えば、私はcheck*padが好きだけど、不満はある。akizukidさんは自分の使い方を工夫することで、そこをマッチさせようとしている。それはそれで楽しいし、面白いのだけど、一人のソフトウェア・エンジニアとして何だかちょっと敗北感に似たものを感じたりも。もっと個人が持っているニーズに応えることはできないものか、と。
じゃぁ、個人のニーズを拾い上げてオーダーメイドなんてことができるかと言えば、それは現状では無理だし*1。一つの方法として、ユーザー自身がツールを作っちゃうようなTuigwaaみたいなアプローチもあるわけだけど、なんだろう、こう細やかなニーズへの対処はまだまだできないよな〜、と*2
なんとかこういう個人のニーズに応える方法を見つけたい、という思いがある。今のところ思いがあるだけなんだけど。いつかakizukidさんみたいな人が、自分で工夫をこらさなくても満足できるような社会にしたいし、そのために貢献したい。いや、工夫を凝らすのが好きな人にとってはツマラナイかもしれないけどw
現状でできることは、自分の不便を解消したツールを作り公開することで、選択肢を増やすことなんだろうな。そこについてはすぐにでもやりたい(っていうか、やってるんだけど成果が出るとこまでいってない。だから、やってないのと同じ。)。Doですね、Do。はい、Doします。

*1:とてもお金持ちな個人なら話は別だけどw

*2:あ、Tuigwaa自体はすごいと思っていますよ。特定のニーズにはばっちり応えているわけで。