これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

事実と解釈は違う

ある事について、いま自分が感じていることを「事実」だと思ってしまうことがある。が、これは違う。自分が感じていること、思っていることは「事実」に対する「自分の解釈」なのだ。別の人が同じ事実を見れば、別の解釈が出てくるだろう。ちゃんと何が事実で、それを自分がどう解釈しているのかを認識しなければ。で、更に、別の人はその事実に別の解釈をしているということを認識しなければ。
自分の解釈が、さも事実であるかのように錯覚してしまうところから、コミュニケーション不全は生まれるのではなかろうか。