これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

社会をどうデザインするのか、って話な気もするよ

表示できません - Yahoo!ニュース
そもそもなんで成人年齢を18歳にしたいのかしら、と思い幾つか調べてみる。

鳩山法相は13日、法相の諮問機関・法制審議会に成人年齢の引き下げの是非について諮問した。憲法改正の手続きを定める国民投票法(昨年5月成立)で投票年齢が18歳以上とされたのに伴うもの。

憲法審議会は、憲法改正手続きを定めた国民投票法の成立に伴って、積み残しの案件となっている投票権年齢の18歳以上への引き下げなどについて、検討を進める。


この辺をみていると、国民投票法の改正に伴って〜という議論なのか。社会に対する義務と権利を負わせる年齢は何歳よ?って話と理解。
思うに18でも20でも、どっちでいい気がする。要はそれにあわせた社会システムがデザインできるかどうかだらう。
成人した大人に対し、何を求め、何を与えるのか。それに向けて、どんな学びや経験が社会から提供されるのか。少なくとも、成人した大人が知っているべきことは、受験勉強のノウハウではないことは確かなのだが。


んまー、自分を振り返ってみれば、定義にもよるのだけど、未熟ながらも「成人したかな〜」と思えたのは、ここ数年であるように思うな。


追記。
社会システムをデザインするといっても、狙った通りの結果を得ることは難しいよな〜。高々、数十名の組織ですらそう思う。じゃぁ、何かを狙ってデザインすることが無駄かっていうと、そういうわけでもない。
んー、この辺は別エントリにするか。あとでw