これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

ユーザーエクスペリエンスは個々の社員・店員が作り出すこともできる

朝、いつものようにレジに並ぶと、イケメンが「きょうは何にしますか」と尋ねてきた。「きょうは」って言ったよ、「きょうは」。

私はほんのり顔に熱がこもるのがわかった。覚えてもらえたんだ。

件の増田さんに「イケメン」であることがどれだけ影響を与えたかは知りませんがw、
この話を聞いて思ったのが「ユーザーエクスペリエンスは個々の社員、店員が作り出せる」ということでして。
スタバやリッツカールトンのように、企業としてそれに取り組んでいなくても、
一人ひとりの行動如何によっては、お客様に素晴らしい体験をプレゼントできるんだなぁ、と。


ま、

「あーあそこはねー、見たことありそうな客に『今日は何にしますか』って聞け、ていうマニュアルがあるんだよ」

というオチがついているけどw
でも、例えマニュアルに書いてあろうとも、その行動によって増田さんが「快い体験」をしたことは確かなわけで。それはそれで良いんじゃないかな〜、と思うわけです。


え、そういう話じゃないって?