これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

創造とは価値を生み出す行為

はてブのコメントに反応するかは迷うのですが・・・*1、今回は思うところがあって反応。
id:RPMさんがアウトプット - インプット = 創造したもの - 今日とは違う明日のエントリに

小難しくて長いインプットを簡素にしてわかりやすくするのは創造にならないのかなぁ。

というコメントをはてブに残しています。


私はそれも「創造」だと思っています。
で、改めて考えてみると、「アウトプット - インプット = 創造」とは「価値」を軸におかなければならないのだな、と。つまり、アウトプットの価値とインプットの価値の差分が、創造したものであると言えるのではないかと思うのです。


その良い例が身近にありました。


まずはこちらを。
ゆっくりと動きながら高速でこなす、一流の研究者の Doing リスト | Lifehacking.jp
Lifehacking.jpさんの秀逸なエントリーです。DoingリストというLifehackを、読んで面白いエピソードを絡めながら説明くれています。個人的には、ここ最近で最もグッときたエントリ。


で、次はこちら。
ゆっくりと動きながら高速でこなす、を私なりに解釈してみた - シリアルポップな日々
Doingリストのエピソード部分がバッサリなくなって、Lifehackのノウハウのみが記述されています。


Lifehacking.jpさんのエントリはエピソードが絡んでいることによって、そのLifehackを身につけた「達人」の仕事をする様がイメージできて、なんというか「憧れ」という動機形成まで踏み込めているように思います。
一方、後者のid:akizukidさんのエントリは、情報量という点からみれば、その元エントリーであるLifehacking.jpさんのそれより少ない。でも、それであるが故に、ノウハウ部分を短時間で知りたい人にとっては価値がある。恐らく、私がDoingリストというLifehackについて確認したいときに参照するエントリは、id:akizukidさんの方です。


というわけで纏めると、

  • 創造とは「価値」を生み出す行為である
  • その「価値」とはアウトプットの価値とインプットの価値の「差分」である
  • 逆に言うと、情報量が多くなろうと少なくなろうと、「価値」が生み出されてなければ創造ではない

ということなのでしょうか。

*1:私自身がメモや独り言を書くことが多いから