これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

2千万と15万と価格提示の仕方

会話の中で2千万という金額が話題として出た。
で、この金額、どうにもピンとこない。年収の○倍とか、そういう理解の仕方も出来なくはないけど、感覚として捉えるには至らない。
例えば、何かに2千万円払うとして、それが妥当な値段かどうかって、どう判断すればいいんだろう、と思った。
まぁ、感覚として分からなくても、論理的に積み上げていって、無理矢理に投資対効果みたいなものを数値するのは、不可能じゃないのだろうけど。しかし、やっぱり感覚としてピンとはこない。
その後、15万という金額が話題にあがった。
これはピンと来たんだ。うん。つまりは、その金額を身近なものに感じられるかってことだと思ったんだ。


で、だ。
ソフトウェアを受託開発したときに、その金額がわかりにくいってのも、この辺にあるんじゃないか、と思ったのですよ。
そういう意味で、スタロジさんのシステムカード1枚が8万円っていうのは、改めて価格提示の仕方としてうまいなぁ、と。
この機能が8万円か〜、ってわかりやすい。少なくとも、全部ひっくるめて2千万円ね〜、よりも判断しやすくなる人が多いんじゃないか。


自分の得られる価値と、支払う対価を感覚的に捉えやすくするってのは、何かを売ろうとしたときに重要だな、って思った。