これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

思考力を鍛えるために文章を書く

以前、文章力を鍛えるべく600〜800文字のエントリをもっと書きたい - 今日とは違う明日というエントリーを書いたが、実践してみて改めて思うことがある。
600字以上の文章を書くというのは、良い思考訓練になるのだ。
ふと頭に浮かんだことを書くだけでは、100〜200文字程度にしかならないようだ。1つのテーマ(というか頭に浮かんだ思索の欠片)について、600〜800字の文章を書くというのは、思考の枝をちょっとだけ先までのばさなければならない。
だから何なのか。だからどうするのか。そういったことを、なるべく論理的に繋がるように考える。なかなか先が見えないときは、若干のストレスだが、だからこそ訓練になるのだろうと思う。


そもそも考えていることを文章として表すということ自体、意外と大変な作業なわけで。もやっとしたままでは文章にできないし、いざ文章にしてみると、思っていたよりもしょぼいものだったりすることもしばしば。まぁ、意外と大したことを考えていない、という現実を突きつけられるわけだw
ただ、その場合も、もうちょっと先まで考えると、別のものが見えてきたりすることがあるので面白い。


結局、こういった感じに思考の過程と結果を文章として表すというのは、直感と論理的思考を繰り返す良い訓練なのだ。だからこそ辛いのではあるけど、それに見合う価値があるように思う。
普段、自分の考えていることを、どうやって言葉にしたらいいか分からないという人や、考えようと思っても何も浮かんでこないという人にオススメ。