これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

読書履歴

ずっと書いてない読書履歴。あまり読めてないからだったりもするけど。とりあえず5冊。

将棋世界 2008年 06月号 [雑誌]

将棋世界 2008年 06月号 [雑誌]


「最強羽生世代に揺らぎは見えたのか?」という記事にひかれて勝ってみた。


羽生の法則〈1〉歩の手筋

羽生の法則〈1〉歩の手筋


やっぱ将棋強くなりたいし。歩からだよね、やっぱ。繰り返し読んでます。


レバレッジ英語勉強法

レバレッジ英語勉強法


3つのポイント。

  1. 偏った英語をマスターする
    • 正しい英語を話さなければならない、という思い込みを捨てる
    • 日本人の英語勉強はインプットが多すぎて、アウトプットがない
      • アウトプットの良いところは「失敗」を経験できる
      • 出口がなければ何のためにやっているのか分からなくなる
  2. 勉強法
    • 英語を勉強する具体的な目的をあげる
    • プロレベル・役に立つレベル・楽しむレベル
      • まずは楽しむレベルを目指し、次に役に立つレベルを
    • 即効性の80%
      • 目的に沿って偏った英単語100語と言い回し20個を覚える
      • きっかけ語、あいづち語
      • get, have
      • とっさの一言、使い回しフレーズ
    • 遅効性の20%
      • リスニング
    • アウトプット
      • 英会話スクールをアウトプットの場にする
      • 自己紹介を完璧にすることから
    • 偏った英語の柱が1つできたら、もう1つ2つと柱を作ってみる
  3. 3ヶ月1サイクル
    • 数年かけて「役に立つレベル」に到達しようとすると、一生喋れるようにならない
      • 使うことではなく、学ぶことに時間を費やしてしまう
    • 3ヶ月を基本とする
    • 3ヶ月で180時間
      • 時間を天引きにして確保する
      • 朝、通勤時間、週末、英会話教室
      • 3ヶ月大変な思いをして変わるか、一生いまのままか


神様のパズル (ハルキ文庫)

神様のパズル (ハルキ文庫)


久しぶりに小説を読んだ。宇宙のつくりかたとか面白すぎる。