これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

iPhoneのアプリケーションプラットフォームとしての能力は、どの程度なんだろうか

iPhoneはやっぱ気になる存在。とはいえ、Willcomから乗り換えるつもりは今のところないので、iPhoneを体験しようと思ったら、iPod Touchを買うしかないのかなぁ。


さて。

iPhoneは新しいアプリケーションプラットフォームになる」

iPhoneをアプリケーションぷらっとフォームとして考えたとき、どうしても気になるのがテキスト入力の効率なのです。アプリケーションはまだまだテキスト中心の世界*1だと思いますので、これがどうしても気になる。
iPhoneのUIが新しい体験をもたらしたのは間違いないと思いますが、単独のアプリケーションプラットフォームとしてはまだまだなのではないでしょうか。
PCで入力→iPhoneで閲覧、という流れには凄く魅力を感じますが。

*1:ニコニコ動画もテキストの力なくしては成り立たない