これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

読書履歴: 信念の魔術

信念の魔術

信念の魔術


信じるだけで成功するかどうかは、私には分からない。だけども、自分の成功を信じることは、日々の取り組み、努力の仕方に少なからず影響を与える。強く願うことは、結局、それが自然と行動へと繋がるものだと私は思う。で、ついでに潜在意識も働いてくれるかもしれないのだから、やらない手はない。

  1. 欲求を持つことからはじまる
    • 強烈な欲求が全ての原動力となる
    • 潜在意識を有効に活用する
      • 潜在意識に「思考」と「材料」と「欲求」を与えれば勝手に成果が上がる
      • 心にイメージを描く
      • 最も強くかつ長持ちするのは、信念や信仰をもとにしたもの
    • 成功したいという欲求があれば、だれにでも必ず成功できる
    • 「なんでも人が心にいだくことは、彼が実現に持ってこれるものである」
  2. 明確にイメージを描くこと
    • 潜在意識を働かせる主な要因は、人間が描く未来のイメージと心の集中力
    • あなたの新しい理想の姿を心の中に描き続けて、一瞬たりともそれから心を離さないこと
      • あまりにも非現実的な欲求ではダメ
      • ぼんやりと希望を抱くだけでは、動力に欠ける
      • 私たちは外界の影響を絶えず受け続けているので、イメージを心の中に持ち続けることはたやすくない
    • カードの技術
      • あなたの最高の欲求を一言でカードに書き、それを至る所におく
      • 何度も反復して眺めることで、そのことが潜在意識に深く根を下ろす
    • 心の扉は1つだけ
      • 積極的な良い考えに満ちているか
      • 消極的なつまらない考えで満たされているか
      • 潜在意識は心の中の最も強い力に屈服する
    • 潜在意識にものを言うときは、他の誰かに何かを命じるように言う
    • 鏡の技術
      • 自分を説得できないのに、他人を説得できるわけがない
      • 1日2回、鏡に向かって「欲求していることを必ず成し遂げる」と言う
      • 潜在意識を呼び覚ます有効な方法
  3. 外界は心の投影
    • 否定的な人は、その周りの空気を害するが、積極的な人は明るく朗らかな空気を醸し出す
      • しかし、悪い方が勝つことが多い
      • 毎日、苦しみや悲しみの流れの中に浸っていると、どんなに明朗な素質の人でも、ついには圧倒されてしまう
    • 人にしてもらいたいと思うことを人にする
      • 人のために何事かを成せば、人も自分のために何かをしてくれる
      • 情けは人のためならず。巡り巡って自分のため。