これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

棋聖戦第3局は羽生名人

本日は棋聖戦の第三局。
佐藤棋聖の2勝で向かえた本局ですが、羽生名人が勝って2勝1敗となりました。驚きなのは、負けた佐藤棋聖のインタビュー。

羽生が早々と玉を囲んだのに対し、佐藤は36手目に居玉から「一度やってみたかった」という新構想の△5二玉を見せた。「そんな手、弟子がやったら怒ります」と副立会人の畠山鎮七段。本局もまた佐藤ワールドが展開された。

またタイトル戦でこんなことをやってからに。ホントにこの二人わw しかし、この辺が森内前名人を含む、羽生世代の強さなのかもしれないですね。
しかし、羽生三冠(名人・王座・王将)と佐藤二冠(棋聖棋王)が揃うと、7大タイトルのうち5つが揃っちゃうんですねぇ。いやはや。