これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

タスクを登録できないタスク管理ツールは成り立つか

どこぞのサイトで、アイデアを思いつくためには、その根幹をなす部分をなくして尚それが成り立つには?と考えてみるのが良い、と。じゃぁ、タスクを登録できないタスク管理ツールって、どうやったら成り立つんだろうね、と。
タスクを管理するためには、まぁ、タスクが必要だ。んでも、登録はできないから、どっかから持ってこないといけない。
こういうのはどうだろう。

  • はてなブックマークで「あとで」タグを付けたものをタスクとして抽出
  • できるかは知らないけど、LDRでピンを立てたものを抽出
  • GMailでry
  • ブログから特定の表現("〜しなきゃ"とか)をタスクとして抽出
    • RSS配信されたものから
  • 手書きしたメモを携帯で写真をとってメールで送ると、頑張って文字認識してタスクを抽出
    • 手書き文字認識がネック・・・
  • 音声を録音してメールでry

うむ。いま思いつくのはこれくらいしかない。でも面白いね。登録できないという制約を与えたおかげで、日々の活動の中から抽出できるだけ抽出しようとい発想になった。
こうやって出てきたアイデアを既存のタスク管理ツールに取り込んだら、登録する労力を削減できたりするのかも。