これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

債権は未来価値で計るの?でもそれって・・

第6回 債権投資ってどういうこと?(2) 株式とは異なり景気に逆行する - nikkeibp.jp - 人生設計 - はじめての資産運用

この記事によると、

1年後に200円にして返します(つまり金利100%)

な債権が

翌日から金利300%の設定に変更

されると価値が半分になるかのように読めるのだけど。


債権の現在価値 = 1年後の価格 / (1 + 金利) らしい。一年後の価値から逆算して、その債権の現在価値が算出されると。
ん〜。言わんとすることは分かるけども、なんか感覚的に納得できないんですが。
1年後に100円が200円になるなら、そりゃ倍になるってことじゃん。債権を購入した後、金利が変わっても200円になることに変わりはないような。だったら、それでいいじゃんとか思ってしまう。手元にある債権の価値が変動するかのような感覚にはなれない。
これはあれか。
債権自体が取引の対象になった時の話なのか?


うーむ。よくわかりません。
誰かエロイ人教えてください。


追記。
おお、早速bo_rudeさん、id:den2snさんからコメントが。ありがとうございます。
お二人のコメントを読んで、以下のように理解しました。

  • 債権を購入後に利回りが上がった場合
  • その時点で購入できる債券の価値が、以前と比べて相対的に上がる
  • つまり、以前購入した債券の現在の価値が、いま買える債権と比べて下がる
  • 結果、仮に債権をいま現金化した場合、購入時に支払った価格以下になる


bo_rudeさん

ところで、タイトルの「景気に逆行する」というのが気になります。

ただいま理解した知識をフル稼働して答えてみますと、景気が悪くなると金利が下がる*1ので、以前購入した債券の価値は上昇するということですかね。
↑の話の逆のパターンでしょうか。

*1:参考:http://www.nomura.co.jp/terms/japan/ki/kinritokeiki.html