これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

棋聖戦第五局

今日は棋聖戦最終局です。
71手目に佐藤棋聖の5六角に対し、羽生名人が8六歩。(下図)


私の目には8六歩を手抜きして8三角成、8二銀、8四馬、8七歩成、同銀の展開で十分な気がするのですが、佐藤棋聖は考えています。さっぱり分かりません。


続き。

やはり8三角成。しかし、受けは7ニ金。なるほど、確かに。羽生名人の次の一手は7四桂が直ぐに見えますが、どうでしょうか。四三角から87銀も打ってみたい感じ。
しかし、こうしてみると、先手陣の方が手薄に見えてきます。8六歩は良い手だったんだなぁ・・・。


続き。
今後の予想は、8七銀、1八飛、四3角・・・と書こうと思ったら、8七桂でした。対して、佐藤棋聖は8八玉と受けています。
その後、7九桂成、同金、5七とと進んでいます。(下図)

この「と」は取ったらまずいのでしょうか。さっぱり分かりませんが。同銀、6五銀として、先手玉の上部脱出を防ぐ狙いですかねぇ・・・。


続き。
正解は、同銀、8七歩、同玉、2一角でした。その後、7六歩、7四金、8三桂と進んでいます。

後手陣は詰みそうにありません。佐藤棋聖、時間もないしピンチかなぁ。何となく、羽生さんの手が震えていそうな気がする*1


続き。
6一玉、7四馬、同歩、9一桂成、8五歩、7七銀と進んでいます。

次の一手は簡単に8六銀でしょうか。8六銀、同銀、同歩、同玉、8五歩と予想しますと書きかけて、7五歩もいいなぁ〜と思い始めました。
佐藤棋聖は、ついに一分将棋に入ったみたいです。苦しそう。


続き。
佐藤棋聖が投了。これで羽生四冠の誕生です。おめでとうございます!
途中、もっとも細かく書き込もうとおもったら、はてなダイアリーが妙に重くなって書けませんでした。4三歩とか、嫌な手だな〜とワクワクしてたりしたのに。
取り敢えず投了図を乗っけて棋聖戦観戦は終了。

*1:羽生さんはぎりぎりで勝てる筋を見つけたとき、手がぶるぶると震えだすそうです