これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

K-Shogiの棋譜解析が面白い

K-Shogiの棋譜解析機能が面白い。
STUDIO-K K-Shogi (ƒtƒŠ[‚̏«Šûƒ\ƒtƒg)


K-Shogiはコンピュータ将棋ソフトみたいですが、それに棋譜解析機能がついています。これで自分が指した将棋を解析してみると、面白いのです。
一手ごとに指し手が評価され、↓のように疑問手だの悪手だの指摘してくれます。

最近のコンピュータ将棋はとても強いので、私のような低級者には嬉しい機能かも。つか、疑問手・悪手が対戦相手共に多すぎw
先手と後手のどちらが有利かをグラフ表示してくれる機能もあるので、どんな風に状勢が変化したかも一目瞭然。

この将棋は、最初から最後まで比較的優位に進んだな〜、と思ってたんですが、解析してみるとそうでもなかったらしい。有利になってからも、疑問手・悪手を連発しているので、逆転される可能性も十分にあったんですねぇ。
将棋は難しい。


ところで、棋譜解析するために棋譜を入力するんですが、将棋倶楽部24棋譜だと書式が合わないようで、コピペできません。一手一手打っていくしかないので、ちょっとそれが面倒です。
良い方法をどなたかご存知であれば、教えてください。