これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

読書履歴:日本でいちばん大切にしたい会社

日本でいちばん大切にしたい会社

日本でいちばん大切にしたい会社

100年先でも価値ある企業として存続していることを考え、経営の舵取り・決断をするようにしています。

本書で紹介されている会社の1つである、伊那食品工業株式会社の塚越会長の言葉。
100年先をみて経営するとは、どういうことなのだろうか。100年というのは、だいたい3世代くらいだろうか。孫の代まで良い会社でありつづけるために、今日、どういう決断をするのか、ということなのだろう。
強い敬意の気持ちとともに溜息がでてくる。


本書では、会社は「5人に対する使命と責任がある」としている。

  1. 社員とその家族を幸せにする
  2. 外注先・下請け企業の社員を幸せにする
  3. 顧客を幸せにする
  4. 地域社会を幸せにし、活性化させる
  5. 自然に生まれる株主の幸せ

紹介している企業は、どれもこの5人に対する使命と責任を果たしているところばかりだ。どの企業のエピソードも、感動なしには読むことができない。日本にこのような会社がいることが、とても嬉しくなってしまう。
企業の存在意義はお金を稼ぐことじゃない。売上や利益じゃない。それを改めて再認識できた。

幸福とは、(1)人に愛されること、(2)人に褒められること、(3)人の役に立つこと、(4)人に必要とされることです。そのうちの(2)人に褒められること、(3)人の役に立つこと、そして(4)人に必要とされることは、施設では得られないでしょう。この3つの幸福は、働くことによって得られるのです

こんなにも会社で人は幸せになれるのだね。