これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

意図と行動のギャップから生じる「不自由さ」への挑戦。果たして僕たちに自由はあるのか?

英文添削(2)

2回目の添削結果。

  • like past me...

のところは「過去の私のように〜」という意味で書きたかった。添削後は

  • like I had in the past...

となっていた。何となく分かるような、全くわからんような。

  • You know clear what you want to develop.

は「何を開発したいか明確になっていること」と表現したかったが、これは、

  • You should know clearly what you want to develop.

となった。shouldとclearlyか。これは納得。

  • I'll write about what select some technological elements.

「幾つかの技術要素を選択することについて書きます」と書きたかったが、

  • I'll write about what to select for some technological elements.

と添削され、まぁ、toとかforが抜けていた。きっと、助詞とかが抜けた名詞や動詞を羅列した日本語みたいな感じ?


最後。

  • To be continued...

は「...」がつかないとダメらしい。


ふむーん。
というわけで、3回目書きました。